避妊薬が一番確実な避妊方法

絶対に妊娠したくない人向けの避妊方法
「低用量ピル」を毎日飲んでいれば、99.9%妊娠しません。
この避妊薬を使う方法が、一番確実です。
ただし、これはほかのどの方法でも言えますが、性感染症予防のためにコンドームを使うことが大事です。
もし1日飲み忘れてしまった場合、気づいたときにすぐ飲んで、翌日からはまた普通に飲み続けてください。
2日以上飲み忘れたときは、ピルの使用を中止してください。
また、場合によっては飲むことができないかもしれません。
飲む前に、医者に飲んでもいいか診断してもらいましょう。
ピルは生理痛を劇的に軽くし、生理不順もなくなるので働く女性におすすめです。
実際、ピルを飲んでいる人の約半数は、それが目的で飲んでいます。
すでに出産経験のある人は、「薬物添加IUS(薬を塗った小さな器具)」を子宮内に置いておくことにより、妊娠を防ぐ方法もあります。
産婦人科で1回8.5万円で売っています。
一度使用すると5年間は有効なので、実質ひと月1500円という計算になります。
こちらは一度使用すると毎日薬を飲む必要もないため、忙しい人に有効です。

もし妊娠してしまったら産んでもいいと思っている人向け
「緊急避妊ピル(ノルレボ錠0.75mg)」を72時間以内に飲むこと。
こうすることで90%の確率で避妊することができます。
副作用も少ないです。
もしこれを飲む事態になったら、次回からは低用量ピルに頼るのもいいでしょう。
従来の緊急避妊法である「ヤッペ法」は、12時間間隔で2度飲む必要がある上、一部の人は強い吐き気や頭痛を覚え、さらに一部の人には服用が推奨されません。
薬を飲んだ後は、2~3週間の経過観察の末、妊娠していないと確認できるまではセックスは控えたほうがいいでしょう。

インターネットで買うならこちらがオススメです。
ピル 通販
ノベロンを常備しておきましょう