月経トラブルや不妊の予防に避妊薬

避妊薬とは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを主成分として作られているホルモン剤です。避妊薬としては、ホルモン量が少なく身体への影響が少ない低用量ピルが一般的に使われています。
避妊薬は、避妊効果だけでなく月経トラブルの改善や不妊の予防に対しても効果が期待できます。避妊薬の仕組みは、服用することで女性ホルモンの血中濃度が上がります。血中濃度が上がることで、脳が卵巣から女性ホルモンが十分に分泌されていると勘違いし、ホルモン分泌を抑制します。あわせて黄体化ホルモンや卵胞刺激ホルモンの分泌も抑制するため排卵を抑制します。さらに精子が子宮内に入りにくいように警官粘液の性状を変化させたり、受精卵が着床しにくいように子宮内膜の増殖を抑えます。その結果、避妊効果が期待できるようになります。
避妊薬が月経トラブルの改善や不妊の予防に有効な理由として、排卵が抑えられることと子宮内膜の増殖が抑えられることです。正しく避妊薬を使うことで、28日周期で月経が来るようになります。また、子宮内膜の増殖が抑えられると出血量が減り、内膜が剥がれる際の収縮も抑えられるため、月経痛の軽減にもつながります。子宮内膜の増殖が抑えられることは、子宮内膜症の予防にもつながります。子宮内膜症は、月経が起こることで内膜の一部が逆流し、卵管の先から出てきてしまいます。これをきっかけにして子宮以外の卵巣の中などになまくができて増殖してしまい、受精や排卵を妨げるようになります。避妊薬を飲むことで排卵が止まり、内膜の増殖が抑えられることで剥がれるようが減ります。その結果、子宮内膜症になるリスクが減ります。子宮内膜症は、不妊の原因にもなるため、将来的な不妊を防ぐために避妊薬の服用は有効です。