避妊薬を服用していると月経時の痛みも和らぎます

女性には、毎月月経という習慣があり、これは閉経までの長きにわたって続き、間に妊娠により中断される時期はあるものの、子供のころから年を取り中年と呼ばれる年代になるまで、ずっと関わっていかなければならないものです。この月経には非常に個人差があり、たとえ姉妹であっても全く症状が違う場合も多く、生理中であっても普段と同じように何ら体調も変わらず過ごせる方もいれば、数日は寝込んでしまうほど生理痛が重い方もいます。後者のような方はお腹や腰の痛み、頭の痛みや吐き気にも悩まされることもあり、日常生活もままならないほど体調を崩してしまう方も少なくありません。こんな体質の方に取って、避妊薬として知られているピルは、女性ホルモンのバランスを整えることが出来るため、月経の際の様々な問題を緩和させることができるので、婦人科で治療法のひとつとして処方されることもあります。今主流となっている避妊薬は、低用量ピルで、以前日本で取り扱われていたものに比べると、ホルモン量も少なくなっているため、格段に副作用が軽減されており、安心して服用できるようになっています。避妊薬としての効果はもちろんのこととして、ピルを服用するようになると、生理周期がカレンダーのように安定し、全く狂わなくなったり、生理時の経血量がかなり減るので、生理に伴う様々な痛みもほとんど感じられなくなります。経血量が減れば、ナプキンを交換しなければならない頻度も減り、時計を見ながら焦る必要もなく、生理期間も今までとは違ってストレスがなく過ごせるようになります。こういったことは、今まで生理でさんざん苦しめられてきた女性に取ってはまさに夢のようなことで、生活の質が飛躍的にアップすることは間違いありません。