避妊薬ピル、たばこを吸う人は血栓ができやすくなります

コンドームに比べて、明らかに高い避妊成功率を誇っている避妊薬のピルは、女性が自らの意思で、望まない妊娠をしっかりと予防できる効果があるので、男性と性交渉の機会を持つ女性には、ぜひとも利用してもらいたい医薬品ですが、この避妊薬には服用に当たって注意点もあるので、飲み始める場合は婦人科クリニックを受診して、医師の診察を受け、様々な検査をきちんと受けたうえで服用することが大切です。特にたばこを吸う女性は、ピルを服用すると血栓ができやすくなってしまうという報告が上がっており、服用に当たっては慎重にならなければなりません。血栓ができてしまうと、心筋梗塞や脳卒中など、重篤な疾患を引き起こすリスクも高まってしまうので、特に35歳以上の喫煙者にはピルは処方しないというクリニックも多いようです。しかしたばこの害は、避妊薬の服用云々以前の問題で、発ガン性物質を含むものなので、様々な病気の原因になるといわれているのでできるだけ早目に禁煙するのが望ましいものです。女性に取ってたばこは、美容効果を著しく損なうものであり、まさに百害あって一利なしです。ピルを服用していなくてもタバコや過度の飲酒は、血がドロドロになり血栓ができやすくなってしまうので、健康で過ごすためにも、禁煙に向けて努力を行うことは必重要な問題です。この避妊薬のピルは、女性に取っては実に多くの利益がある薬で、日常生活における様々な問題を改善してくれ、快適な毎日を送れるようにしてくれます。ホルモンバランスを整える効果があるので、生理周期を安定させたり、生理痛の緩和や生理前のイライラ、むくみなど、身体に起こるいろいろな不具合を軽減させてくれます。